Mindfulness Workshop by Juri Edwards

Mindfulness Workshop by Juri Edwards

Juri EdwardsによるIGNITE YOGA ONLINE STUDIO初めてのワークショップコンテンツです。このワークショップは全部で6本のビデオで構成されていて、1日に1本、15分程度のコンテンツを6日間かけて受けていただくことをオススメしています。1日の中の15分、少し静かな時間を持つこと、自分の内側に意識を向けることによって、よりマインドフルな自分を導き、より良い自分で毎日を過ごすためのテクニックを学んでいきます。
できれば、この講座を受講するときは。環境を整え、なるべく静かで集中しやすい環境での受講がオススメです。途中で瞑想を行う日もありますので、自分がリラックスしやすい服装で受講してくださいね!3日目には食べる瞑想を行うので、アーモンドなど小さな食べ物をご用意ください。

Mindfulness Workshop by Juri Edwards

6 Videos

  • Day 1 - Introduction

    1日目は、瞑想の入り口とも言える、マインドフルネスについて。
    マインドフルネスという言葉は最近よく聞く言葉だと思いますが。どんな状態のことでしょうか?
    マインドフルネスを学ぶ上で、最も大切なことは何でしょうか?
    それを踏まえて、実際に少し短い瞑想をしていきます。

  • Day 2 - Being Present

    2日目は、マインドフルネスについてより深く説明していきます。
    マインドフルネスの説明をする時にポイントになること、それは“今この瞬間”を感じること。わかっていても、なかなか実践し、自分でその感覚を掴むのが難しいと思いますが、この動画を通して、少しでもこの感覚を感じていただきます。

  • Day 3 - Awareness

    3日目は、自分の中に気づきを持つことがテーマです。
    私たちの生活は、大抵慣れ親しんだことを繰り返して生活していますよね!昨日までに“今この瞬間”を少しずつ意識したことで、毎日なんとなく繰り返していたことにも変化はありましたか?
    マインドフルネスな状態が続くからこそ気づけることもあります。この動画では食べる瞑想を通して、自分が毎日行っているアクションから気づきを得ることを実践していきます。アーモンドやナッツなど、小さくて食べやすいものを用意してから始めてください。

  • Day 5 - Power of Breath

    5日目は呼吸のパワーについて説明していきます。今までの動画を受講したことで、マインドフルな状態でいることによって、少しずつ生活のクオリティが変わってくるのを体感していると思いますが、毎日これを続けて習慣にすることの難しさも感じていたりしますよね?そんな時に誰でもすぐに自分をマインドフルネスな状態に導いてくれる最強のツールをご紹介します!

  • Day 4 - Taking Control of yourself

    4日目の動画ではジャーナリングを行なっていきますので、紙とペンを用意してからスタートさせてください。少しずつマインドフルネスな状態を毎日の中に意識できてきている頃だと思います。自分の中への気づきがある分、自分ではコントロールできない問題も時には起こりますよね。この動画では、その部分についてお話していきます。

  • Day 6 - Intention

    いよいよ最後の動画です。5日目まで受講して何か気づきや学びはありましたか?マインドフルネスの継続的な実践は、筋トレのように自分の力でトレーニングしていくことが大切になってきます。自分でマインドフルネスな状態を作るために必要なこと、それはIntention(意図)です。IGNITE YOGAではヨガの時間でも大切にしている、意図。自分の意図を明確にすることでどのような変化があるのか、ヨガの時間だけではお伝えしきれない部分まで掘り下げて説明していきます。